出版物紹介


    新 刊 情 報
大阪スタタリングプロジェクト 『吃音を生きるⅡ ―どもる人たちのサバイバル―』(2014.08)500円
・向谷地 生良&伊藤 伸二 著『吃音の当事者研究』     (2013.09)2,100円
・JSP年報第18号『吃音否定から吃音肯定への吃音の取り組み』(2013.07)1,000円
・全国ことばを育む会パンフレット『吃音とともに豊かに生きる』(2013.03)400円


《 単 行 本 》
・OSP文集『吃音を生きるⅡ ―どもる人たちのサバイバル―』(2014.08)500円
・向谷地 生良&伊藤 伸二 著 『吃音の当事者研究』   (2013.09)2,100円
・全国ことばを育む会パンフ『吃音とともに豊かに生きる』(2013.03) 400円
・大野 裕&伊藤 伸二 著 『認知療法・認知行動療法』  (2011.10)2,100円
・伊藤 伸二ほか  『吃 音 ワ ー ク ブ ッ ク』     (2010.08)1,890円
・伊藤 伸二   『どもる君へ いま伝えたいこと』  (2008.08)1,260円
・平木 典子&伊藤 伸二 編著
    『話すことが苦手な人のアサーション』     (2007.04)1,890円
・OSP文集 『吃音を生きる ―吃る人々の体験集―』 (2006.11) 500円
・石隈 利紀&伊藤 伸二
    『やわらかに生きる 論理療法と吃音に学ぶ』  (2005.05)1,890円
・水町 俊郎&伊藤 伸二 編著
    『治すことにこだわらない、吃音とのつき合い方』(2005.03)2,100円
・伊藤 伸二   『どもりと向き合う 一問一答』   (2004.08)1,260円
・伊藤伸二ほか編著『セルフヘルプ・グループ 一問一答』(2001.11)1,050円
・石隈 利紀&伊藤 伸二 『論理療法と吃音』  売切れ(2001.06)1,575円
・伊藤 伸二 『吃音と上手につきあうための吃音相談室』(1999.12)1,680円
・伊藤 伸二 『新・吃音者宣言』           (1999.11)1,680円

《 J S P 年 報 》
JSP年報第18号 『吃音否定から吃音肯定への吃音の取り組み』(2013.07)1,000円
・JSP年報第17号 『サイコドラマのすすめ』     (2012.04)1,000円
・JSP年報第16号 『よい人間関係をつくるためのアドラー心理学入門』(2011.03)1,000円
・JSP年報第15号 『竹内さんと私たちとの対話』   (2011.03)1,000円
・JSP年報第14号 『カール・ロジャーズのパーソナルセンタードグループ入門』(2009.03)1,000円
・JSP年報第13号 『よく分かる 実践的・認知療法入門』売切れ(2008.04)1,000円
・JSP年報第12号 『笑いとユーモアの人間学』    (2007.03)1,000円
・JSP年報第11号 『吃音と向き合う、吃る子どもへの支援』売切れ(2006.05)1,000円
・JSP年報第10号 『自分を生きる 運命を生きる』  (2006.04)1,000円
・JSP年報第9号 『人生は行動を待っている』    (2006.04)1,000円
・JSP年報第8号 『豊かな表現力のために』     (2006.05)1,000円
・JSP年報第7号 『実践的交流分析入門』      (2004.08)1,000円
・JSP年報第6号 『生きることとコミュニケーション』(2003.07)1,000円
・JSP年報第4号『谷川俊太郎と竹内敏晴の世界』売切れ(1999.05)1,500円

※JSP年報の価格を改訂しました。(1,500円 →)1,000円[送料込み]です。
※JSP年報の主な内容は、毎年開催している吃音ショートコースの記録です。吃音ショートコースと年報との関係については、こちら をご覧下さい。
表紙画像

『吃音を生きるⅡ』
―どもる人たちのサバイバル―

    目次
 吃音を公表する
 職場でのサバイバル
 どもりとともに
 吃音から学んだ人生
 吃音親子旅
 吃音人生のサバイバル

 大阪スタタリングプロジェクト
   500円(2014.08)
    (2015年3月価格改定)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

吃音の当事者研究
〜どもる人たちが「べてるの家」と出会った〜

    主な内容
講演「当事者研究と私」向谷地生良
講義・演習「当事者研究の実際」
対談 向谷地生良・伊藤伸二
「当事者研究を吃音に生かす」
ほか

金子書房(2013.09)
  2,100円(税込み)
   ISBN 978-4-7608-2380-2
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2012年度
Stutterring Now 第18号
『吃音否定から吃音肯定への吃音の取り組み』
〜第1回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会 報告〜

    目次
基調講演「ナラティヴアプローチ的吃音臨床の提案」
講演「ありのままを生きるというかたち」
対談「治す文化に対抗する力」
シンポジウム「ナラティヴを通して、自分の実践を振り返る」 ほか

日本吃音臨床研究会(2013.07)
  1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

吃音とともに豊かに生きる

    主な内容
 吃音肯定の取り組みの基本前提
 保護者の皆さんへ
 ことばの教室の先生へ
 通常の学級の先生へ
 ほか

 NPO法人全国ことばを育む会
 (2013.03) 400円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2011年度
Stutterring Now 第17号
『サイコドラマのすすめ』

    目次
 増野肇 講義と実習
 「私とサイコドラマ」
 対談増野肇・伊藤伸二
 「自然治癒力」 ほか

 日本吃音臨床研究会(2012.04)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

ストレスや苦手とつきあうための認知療法・認知行動療法
〜吃音とのつきあいを通して〜

    目次
 大野裕 講義と実習
 「認知療法の基本・公開面接」
 対談大野裕・伊藤伸二
 「認知行動療法を吃音に活かす」
 ほか

 金子書房(2011.10)
   2,100円(税込み)
   ISBN 978-4-7608-2636-0
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2010年度
Stutterring Now 第16号
『よい人間関係をつくるためのアドラー心理学入門』

    目次
 岸見一郎 講義と実習
 「アドラー心理学入門」
 対談岸見一郎・伊藤伸二
 「アドラー心理学を吃音にどう活かすか」 ほか

 日本吃音臨床研究会(2011.03)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2009年度
Stutterring Now 第15号
『竹内さんと私たちとの対話』

    目次
 シンポジウム「どもる人のことばをめぐって」
 対談竹内敏晴・伊藤伸二
 「どもる人やどもる子どものことばのレッスン」
 座談会「どもる人のことば再考」
 座談会「いのちが激しく動くとき」
 ほか

 日本吃音臨床研究会(2011.03)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

吃音ワークブック
〜どもる子どもの生きぬく力が育つ〜

   著 者
 伊藤 伸二(JSP会長)
吃音を生きる子どもに同行する教師の会

   目 次(抜粋)
吃音を生きぬいた伊藤伸二の人生
吃音のとらえ方の基本
親との出会い
子どもの吃音について考える
吃音と向き合う
吃音評価
吃音を生き抜くために
特別寄稿(石隈 利紀)
ほか

 解放出版社(2010.08)
   1,890円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2008年度
Stutterring Now 第14号
『カール・ロジャーズのパーソナルセンタードグループ入門』

    目次
 村山正治 講義と演習
 「カール・ロジャーズのパーソナルセンタードグループ入門」

 対談村山正治・伊藤伸二
 「出会いが可能性を開く」
 伊藤伸二(エッセイ)「人と人とが出会うこと」
 村山正治(講演)「自分を活かし社会に生きる」
ほか

 日本吃音臨床研究会(2009.03)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

どもる君へ いま伝えたいこと

   著 者
 伊藤 伸二(JSP会長)

   目 次(抜粋)
どうして私はどもるようになったのですか
どもりを治す方法に、どんなものがありますか
友だちが、どもっている私をからかいます
ことばの教室はどんなところですか
このままどもりが治らなかったら、仕事に就けますか
君が幸せに生きるために ほか

 解放出版社(2008.08)
   1,260円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2007年度
Stutterring Now 第13号
『よく分かる 実践的・認知療法入門』

    目次
 大野裕 講義と演習
 「よく分かる 実践的・認知療法入門」
 公開面接
 対談大野裕・伊藤伸二
 「認知療法を吃音に活かす」
 特別講演 重松清
「本当に伝えたいことは、どんなに吃っても、伝えなきゃいけない」

 日本吃音臨床研究会(2008.04)
   1,000円(送料込み)

この本は売切れました

表紙画像

話すことが苦手な人の
アサーション

どもる人とのワークショップの記録

   編著者
 平木 典子(東京福祉大学大学院教授)
 伊藤 伸二(JSP会長)

   目 次
 アサーションのすすめ
 アサーションの実習
 鼎談とディスカッション
  「吃音と自己表現」
 どもる人のアサーティヴネスについて
 どもる人にとっての自己表現

 金子書房(2007.04)
   1,890円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2006年度
Stutterring Now 第12号
『笑いとユーモアの人間学』

    目次
 松元ヒロ プロフィール
 松元ヒロ「ライブの後で」
 対談松元ヒロ・伊藤伸二
    「笑いと人間」
 井上宏「笑い学のすすめ」
 エッセー集、参加者の声、吃音川柳
 など

 日本吃音臨床研究会(2007.03)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

『吃音を生きる』

―吃る人々の体験集―

    目次
 私が出会った吃る人
 吃音とユーモア
 親の気持ちと子どもの気持ち
 吃る人の仕事、職場でのサバイバル
 吃音を生きる

大阪スタタリングプロジェクト
500円(2006.11)
※2014年2月価格改定/2015年3月再改定
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2005年度
Stutterring Now 第11号
『吃音と向き合う、
 吃る子どもへの支援』
―ことばの教室の実践集―

    目次
 伊藤伸二「まえがきに代えて」
 筑波大学教授 石隈利紀
 「一人ひとりの子どもを生かし、援助者が生きるサポートとは」
 14人の実践
 伊藤伸二「あとがき」
 など

 日本吃音臨床研究会(2006.05)
   1,000円(送料込み)

この本は売切れました

表紙画像

JSP年報2004年度
Stutterring Now 第10号
『自分を生きる 運命を生きる』
―諸富祥彦・ワークショップ―

    目次
 講義と演習
 自分を生きる 運命を生きる
 インナーワークのエクササイズ
 (吃音ショートコース配付資料)
 伊藤伸二 「悩む力」「吃る力」
 対談諸富祥彦・伊藤伸二
 など

 日本吃音臨床研究会(2006.04)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2003年度
Stutterring Now 第9号
『人生は行動を待っている』
「建設的な生き方」を吃音に活かす
デイビィッド.K.レイノルズ

    目次
 「建設的な生き方」
 Constructive Living 講義と演習
 対談レイノルズ・伊藤伸二
 建設的な生き方を吃音にどう活かすか
 吃りを個性に
  ―桂文福オリジナル落語家人生

 など

 日本吃音臨床研究会(2006.04)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2002年度
Stutterring Now 第8号
『豊かな表現力のために』
〜誰もが出来るレッスン〜
―鴻上尚史・ワークショップ―

    目次
 講義と演習
 表現ってどういうことなの?
 対談鴻上尚史・伊藤伸二
 「言葉はいつも思いに足りない」
 鴻上尚史・羽島操・伊藤伸二
 「表現と体と癒し」
 伊藤伸二「ことばの祭り」
 など

 日本吃音臨床研究会(2006.05)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

やわらかに生きる
論理療法と吃音に学ぶ

   著 者
 石隈 利紀(筑波大学心理学系教授)
 伊藤 伸二(JSP会長)

   目 次
 論理療法の発想
 論理療法の実践
 対談石隈利紀・伊藤伸二
  「吃音と論理療法の活用」
 大阪吃音教室の論理療法
特別寄稿「どもり礼讃」村田喜代子
 など

 金子書房(2005.05)
   1,890円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

治すことにこだわらない、
吃音とのつき合い方

    編著者
 水町 俊郎(愛媛大学名誉教授)
 伊藤 伸二(JSP会長)

    目次
 吃る人は具体的にどんなことで困り、悩んでいるのか
 ある成人吃音者の生活史から
 吃音の仲間との出会いの意義
 吃音はマイナス面のみか
 吃音者の就労と職場生活
 など

 ナカニシヤ出版(2005.03)
   2,100円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

知っていますか?
どもりと向き合う
一問一答

    著者
 伊藤 伸二(JSP会長)
    目次
 どもりとは何か
 吃音の苦しみとは何か
 吃音の問題とは何か
 ことばの教室でできることは
 吃音と職業選択について
 吃っているのは親の責任か
 など

 解放出版社(2004.08)
   1,260円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

知っていますか?
セルフヘルプ・グループ 一問一答

    編著者
 伊藤 伸二(大阪セルフヘルプ支援センター世話人)
 中田智恵海(ひょうごセルフヘルプ支援センター代表)

    目次
 セルフヘルプ・グループとは?
 どんなことが起こっているか?
 どんなセルフヘルプグループが?
 など

 解放出版社(2001.11)
   1,050円(税込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2001年度
Stutterring Now 第7号
『生活に生かす実践的交流分析入門』
―杉田峰康・ワークショップ―

    目次
 実践的交流分析入門
 個人ワーク(交流分析の立場から)
 対談杉田峰康・伊藤伸二
  「交流分析と吃音」
 吃音ショートコースに参加して
 ある日の両親教室
 エッセー

 日本吃音臨床研究会(2004.08)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報2000年度
Stutterring Now 第6号
『生きることとコミュニケーション』

    目次
 吃音と人間関係(羽仁進)
 人間・羽仁進
 羽仁進の吃音論
 対談鯨岡峻・竹内敏晴
 対談谷川俊太郎・伊藤伸二
 対談村瀬旻・伊藤伸二
 対談をふりかえって(村瀬旻) 

 日本吃音臨床研究会(2003.07)
   1,000円(送料込み)
※ 詳しくは写真をクリックして下さい

表紙画像

JSP年報1998年度
Stutterring Now 第4号
『谷川俊太郎と竹内敏晴の世界』
―表現としてのことば」―

    目次
 日本語のレッスン(竹内敏晴)
 対談谷川俊太郎・竹内敏晴
 「表現としてのことば」
 谷川俊太郎 自作の詩を読む
 あとがき

 日本吃音臨床研究会(1999.05)
   1,500円

この本は売切れました

表紙画像

論理療法と吃音

    著者
 石隈 利紀(筑波大学心理学系教授)
 伊藤 伸二(JSP会長)

    目次
 論理療法とは
 吃音と論理療法の活用
 解説・実践・体験
 特別寄稿 「どもり礼讃」
  村田喜代子[講演]

 芳賀書店(2001.06)
   1,575円(税込み)

この本は売切れました
金子書房版をお買い求め下さい

表紙画像

吃音相談室

    著者
 伊藤 伸二(JSP会長)

    目次
 吃音と上手につき合う基本構想
 お母さんへ
 学級担任の先生へ
 吃音に悩んでいる十代の君たちへ
 成人吃音者へ
 吃音基礎知識

 芳賀書店(1999.12)
   1,680円(税込み)

表紙画像

新・吃音者宣言

    著者
 伊藤 伸二(JSP会長)

    目次
 藤沢周平さんの生き方
 自分を好きになる
 セルフヘルプグループ
 吃音者よ吃音と闘うな
 ことば供養
 自己開示
 吃音と論理療法
 この本に寄せて 竹内敏晴

 芳賀書店(1999.11)
   1,680円(税込み)



トップページに   ページの先頭に