『吃音の当事者研究』
どもる人たちが「べてるの家」と出会った
 
吃音の当事者研究 【内容紹介】
 北海道「浦河べてるの家」の当事者研究にふれることで、どもる人たちが、自分たちの生き方の素晴らしさを再確認できたワークショップの記録。吃音を「治さない」で、「受け入れる」ことのススメ。

【目 次】(抜粋)
 「吃音の当事者研究」に寄せて 斉藤道雄
 まえがき―吃音という可能性 向谷地生良

T 講演:当事者研究と私 向谷地生良
 1 精神医療の世界で起こっていること
 2 浦河で、べてるで、行われていること
 3 当事者がもつ力
U 講義・演習:当事者研究の実際 向谷地生良
 1 講義―当事者研究について
 2 演習―グループによる当事者研究
 3 質 問
V 対談:当事者研究を吃音に生かす 向谷地生良・伊藤伸二
 1 伊藤伸二の当事者研究
 2 吃音の悩みから解放される道筋
 3 どもる人のセルフヘルプグループ言友会の設立
 4 対 談
   アメリカ言語病理学との違い
   弱さについて
   対等性について
W 吃音の当事者研究―吃音が治る、治せるを、あきらめる生き方 伊藤伸二
 1 世界の吃音治療の現状
 2 吃音の定義から始める吃音の取り組みの再構築
 3 映画『英国王のスピーチ』の当事者研究

 あとがき 伊藤伸二
 ほか
『吃音の当事者研究』
どもる人たちが「べてるの家」と出会った

金子書房(2013.09)2,160円(税込み、送料当方負担)
ISBN 978-4-7608-2380-2

【日本吃音臨床研究会 事務局から】
 ☆郵便振替でご注文頂ければ、送料当方負担でお送りします。

【郵便振替でのご注文】
  [郵便振替口座番号]00970−1−314142
  [口座名]日本吃音臨床研究会

・一つの口座で、会費や参加費、出版物の購入などが処理されます。
・出版物ご購入の場合、本のタイトルと冊数を明記して下さい。


【お問い合わせ先】
 日本吃音臨床研究会
  住所:〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
  TEL/FAX:072-820-8244
出版物紹介ページへ