親、教師、言語聴覚士が使える
『吃音ワークブック』
〜どもる子どもの生きぬく力が育つ〜
 
吃音ワークブック 【編著者】
伊藤 伸二
吃音を生きる子どもに同行する教師の会

 長年、ことばの教室などで、どもる子どもに向き合ってきた、16名の教師の実践と討議の中から生まれた。ことばの教室で、子どもと一緒に話し合い、演習として取り組むための教材、演習の実際を紹介。

【内 容】
吃音を生きぬいた伊藤伸二の人生
第1章 吃音のとらえ方の基本
吃音治療から、自己概念への働きかけへ/早期治療より早期自覚教育/ゼロの地点に立つ
第2章 親との出会い
初回保護者面接/ワーク・吃音の原因・これまでの治療法の整理・親のニーズ・ことばの教室のメニュー
第3章 子どもの吃音について考える
初回の子どもとのやりとり/ワーク・吃音とは・どんな時どもるか・治療法について・子どものニーズ
第4章 吃音と向き合う
ワーク・言語関係図をつくろう・吃音方程式・吃音の氷山を書いてみよう
第5章 吃音評価
吃音検査法の検討と新しい吃音評価の提案/対人関係・吃音に対する気持ちや考え・行動のチェック
第6章 吃音を生き抜くために
どもる子どもへ、通常学級の子どもや教師などに吃音理解のための手紙/共同体感覚の必要性自己肯定・他者信頼・他者貢献/コミュニケーションの力が育つには/どもる人の職業/どもりカルタ/K君から学んだこと/どもる子どものグループ活動/ワーク・著名人でどもる人
第7章 「仮面のことば」ではなく、「自分のことば」が育つために
吃音は自然に変化する/情報伝達のことばと自己を語ることば/竹内敏晴さんから学んだ日本語の発声・発音の基本/子どもと日本語のレッスン/生活の中で話す時、考え、心がけてきたこと/ていねいに話す
特別寄稿 石隈 利紀(筑波大学教授・学校心理学)「子どもが生きることをどう援助できるか」
ほか


 
この書籍の一部を公開しています。
別窓で、PDFファイル(約3.6MB)が開きます。
 
親、教師、言語聴覚士が使える
『吃音ワークブック』
〜どもる子どもの生きぬく力が育つ〜

解放出版社(2010.08)1,944円(税込み、送料当方負担)
ISBN 978-4-7592-6734-1

【日本吃音臨床研究会 事務局から】
 ☆郵便振替でご注文頂ければ、送料当方負担でお送りします。

【郵便振替でのご注文】
  [郵便振替口座番号]00970−1−314142
  [口座名]日本吃音臨床研究会

・一つの口座で、会費や参加費、出版物の購入などが処理されます。
・出版物ご購入の場合、本のタイトルと冊数を明記して下さい。


【お問い合わせ先】
 日本吃音臨床研究会
  住所:〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
  TEL/FAX:072-820-8244
出版物紹介ページへ