『話すことが苦手な人のアサーション』
―どもる人とのワークショップの記録―
 
話すことが苦手な人のアサーション 【内容紹介】
 どもったり緊張したりしながらも、自分の思いや気持ちをとらえてことばにするにはどんな手順を踏めばよいか。ローププレイや鼎談を通し、日常に活かせる自己表現が学べる。

【目 次】
1. アサーションのすすめ(平木典子)
   アサーションとはなにか
   三種類の自己表現
   基本的アサーション権
   アサーションと考え方

2. アサーションの実習(平木典子)
   DESC
   課題(1〜3)
   分かち合い

3. 鼎談とディスカッション
  「吃音と自己表現」

  (平木典子・内須川洸・伊藤伸二)
   どもるから表現できないという思い込みをとる
   原因を追究しない ほか

4. どもる人のアサーティヴネスについて(水町俊郎)
   行動療法としての主張訓練
   アサーティヴネスについてのどもる人の間での創意 ほか

5. どもる人にとっての自己表現(伊藤伸二)
   自己表現を阻むもの
   自己表現を取り戻す
   自己表現の力

【著者より】(伊藤伸二)
 1997年の吃音ショートコースのテーマは、「さわやかな自己表現」。講師は、平木典子・日本女子大学教授(当時)でした。講義、実習、鼎談と、丁寧に語りかけ、終始笑いに満ちたワークショップをして下さったショートコースの報告は、その年の年報として出版しました。その年報は、大好評のうちに第三版まで印刷したのですが、全て売り切れてしまいました。多くの人から再版を要請されていたのですが、さらに多くの人に読んでもらうには、私たちの冊子としてではなく、書籍として出版したいと考えていました。平木典子先生の紹介で金子書房が出版を引き受けて下さいました。
 書籍になるからはと、平木先生はそのときの原稿にかなり加筆修正に時間をかけて下さいました。私の文章も新たに書き直しました。水町俊郎先生の原稿も、わかりやすく整理されました。新しい書籍に生まれ変わりました。年報をお持ちの方も是非お読み下さい。いつものように、鬼塚淳子さんによる、すてきなやわらかいイラストが入っています。

平木典子(東京福祉大学大学院教授)
伊藤伸二(日本吃音臨床研究会会長) 編著
『話すことが苦手な人のアサーション』
―どもる人とのワークショップの記録―

金子書房(2007.04)1,944円(税込み、送料当方負担)
ISBN 978-4-7608-3238-5

【日本吃音臨床研究会 事務局から】
 ☆郵便振替でご注文頂ければ、送料当方負担でお送りします。

【郵便振替でのご注文】
  [郵便振替口座番号]00970−1−314142
  [口座名]日本吃音臨床研究会

・一つの口座で、会費や参加費、出版物の購入などが処理されます。
・出版物ご購入の場合、本のタイトルと冊数を明記して下さい。


【お問い合わせ先】
 日本吃音臨床研究会
  住所:〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
  TEL/FAX:072-820-8244
出版物紹介ページへ